2008年10月04日

シロの闘い【1】

mama1.gif
こんばんわ、シロママです。
シロの病気との闘い、3日目です。
今後のためにも記録を残していきたいと思います。

10月2日(木)
入院1日目。体調を崩す。丸くなり、糞が鮮やかな緑。
病院へ行き、メガバク(AGY)、そのう炎、胃腸炎と診断される。
午後にシロパパが面会にいく。状態は変わらない。
餌を食べられず流動食3回。

10月3日(金)
入院2日目。昨日より元気になるが吐き気あり。
シロパパがおもちゃ(くるみと鈴とゼリーのカップ)差し入れする(ゼリーのカップは大きすぎてかごに入らずNG)。
餌をついばみ始める。流動食2回。

10月4日(土)
入院3日目。昨日より元気になるがまだ吐き気あり。
シロパパとシロママで面会。
動きまわっておもちゃと遊んだり、餌を食べるようになる。
糞の色も元に戻っている。
流動食1回。


皆様のコメントや、お医者さんの言葉に勇気づけられ、
だいぶ前向きになってきました!

AGYは治らない病気ではないみたいですね。
お医者さん曰く、ほんとうに悪くなってしまう小鳥は5%くらいらしいです。
少しほっとしました。。

そして、今日病院へシロの面会にいってきました。
カゴごとガラス張りの保温されている棚におかれていたので
触ることはできずガラス越しの対面でしたが、
思ったより元気で餌を食べたり、くるみや鈴をつついたり
動き回っていました^^
目をあわせてくれて、いつものシロのようでそのまま
家につれて帰ろうかと思いました。笑
まだ、少々吐き気を催すことがあるみたいなので、
もう少し様子を見ましょうということで今日は帰りました。
面会の間看護婦さんが隣についているので長居はできませんでしたが
会えてよかったです;;

およそ2日ぶりのシロ。
なんだかものすごく久しぶりな感じがして、
周りに大きなインコちゃんがいたからか小さく見えました。

まだ生まれて4ヶ月のシロ。
小さいのに注射打たれたり、無理矢理餌を流し込まれたり
つらいことをする羽目になって申し訳ない気持ちでいっぱいです。。
これからはこまめに健康診断するようにします。

一日一日よくなっているのでこの調子でいけばいいなと祈ってます。
病院のシロのいた空間には他の小鳥さんのかごがたくさんあって、
シロだけじゃないんだなあとしみじみ思ってしまいました。
中にはお守りがあったりして、それぞれ飼い主さんに大切にされてるんだなと感じます。

明日も面会予定です^^
来週末には家で看病しようと目論んでいるので
明日はシロの保温対策や、メガバクの消毒で忙しそうです〜

シロ、みんなで頑張ろう!

↓インコワールドへGO!(*'◇'*)
にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ ランキングバナー
posted by シロママ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。